岡山県倉敷市の賃貸

 

岡山県倉敷市は岡山市の西隣に位置し、瀬戸内海に面した人口約50万人の都市です。瀬戸内海式気候のため、年間を通して温暖で晴の日が多く、雨が少ないです。しかし、倉敷市西部を流れる高梁川の豊富な水源の恩恵により、瀬戸内海地方に特有の水不足に見舞われることはめったにありません。また、山陽新幹線、山陽自動車道が東西に横断し、瀬戸大橋も倉敷市内経由して四国とつながっていることから、山陽地方と四国とを結ぶ交通の要所として重要な位置にあります。倉敷市は行政上、真備、水島、児島、玉島、船穂、倉敷の6つの地区に分けられており、特に市の中心部に位置する倉敷エリアや船穂エリアでは、伝統的な街並みが保存されています。また、瀬戸内海に面した児島エリアには、瀬戸大橋が完成する前は、四国と中国地方を結ぶ港町として栄えた下津井があります。内海を一望できるようになっています。倉敷市の市花はふじ、市木はくすのき、市鳥はかわせみとなっています。